03-3776-2220

住所:東京都大田区山王1-4-6/【日祝・水休診】

受付:平日10:00~12:30、14:30~19:00

   土曜日9:30~12:30、14:30~17:30

治療のご案内|大田区大森の大木皮膚科

一般皮膚科・小児皮フ科・形成外科などに対応致します

<当院よりのメッセージ>

皮膚の役目とは・・

皮フというと皆さん単にカラダの表面を覆っているものだけと思われるかも知れません。しかし、それは大気中にある細菌・カビや乾燥・寒暖などという過酷な環境からカラダを守っている大切なひとつの臓器なのです。皮膚の断面

その構造は、表層の表皮という部分と深層のコラーゲンに富んだ真皮という2層構造から成り立っています。さらに、真皮の下には血流豊富な真皮下血管網が形成され、脂肪組織が外力に対するクッションや体温保持に役立っています。

  その付属器には、毛と毛穴近くにある皮脂腺、汗腺、紫外線からカラダを守るメラノサイトや知覚神経などがあり、これらが体温調整や水分調整を行い、また表面の皮脂膜を形成し、乾燥や細菌感染を防いでいます。適切な水分量と皮脂膜は皮ふの健康を守るためにとても大切です。健康な肌の表面は弱酸性でできており、表面での細菌叢を一定に保ち、必要以上の細菌が繁殖しないようになっています。

また、カラダの中でも免疫機能の高い部位であり、小さな異物をカラダの外に排出する作用や自分と違うもの(細菌や有害物質など)を認識することが得意です。例えば、皮フを他人から移植すると強い拒絶反応を起こすため、他人の皮ふを移植することは基本的にできません。そのため、人によっては体調やカラダの免疫機能の異常(疲れ、ストレスなど)が表に出やすい部位であるとも言えます。
 

  以下に、代表的な皮膚疾患についてのご説明をさせていただきました。何かお肌の異常を感じたり、お困りのことがありましたら当院まで是非ご相談ください。

皮膚科・アレルギー科

アトピー性皮膚炎・にきび・じんましん・かぶれ(接触皮膚炎)・手荒れ・皮膚掻痒症・尋常性乾癬・円形脱毛症

いぼ・魚の目・ヘルペス・帯状疱疹・水虫・カンジダ症・虫刺され・しもやけ・褥瘡・日焼け

小児皮膚科

乳児湿疹・小児アトピー性皮膚炎・おむつかぶれ・あせも・とびひ

水いぼ・水ぼうそう・あざ・その他の皮膚の先天異常

皮膚外科・形成外科

ほくろ除去・巻き爪・粉瘤手術・皮膚の出来物

自費診療

美白剤(ハイドロキノン・トレチノイン)・巻き爪矯正

治療のご案内

詳しくは、バナーをクリックしてください

error: Content is protected !!

© 2021 大田区の皮膚科【大木皮膚科】アトピー,にきび,水虫,いぼ治療,巻き爪矯正